相続財産の種類

相続財産の種類

相続財産の種類

遺産や相続財産とは、亡くなった方が残した「権利と義務」のことをいいます。
つまり、遺産には、不動産や金融資産といったプラスの財産だけでなく、マイナスの財産も含まれます

1.プラスの財産

・不動産(土地・建物)
宅地・居宅・農地・店舗・貸地など

・不動産上の権利
借地権・地上権・定期借地権など

・金融資産
現金・預貯金・有価証券・小切手・株式・国債・社債・債権・貸付金・売掛金・手形債権など

・動産
車・家財・骨董品・宝石・貴金属など

・その他
株式・ゴルフ会員権・著作権・特許権

2.マイナスの財産

・借金
借入金・買掛金・手形債務・振出小切手など

・公租公課
未払の所得税・住民税・固定資産税

・保証債務

・その他
未払費用・未払利息・未払の医療費・預かり敷金など

3.遺産に該当しないもの

・財産分与請求権

・生活保護受給権

・身元保証債務

・扶養請求権

・受取人指定のある生命保険金

・墓地、霊廟、仏壇・仏具、神具など祭祀に関するもの

電話相談初回無料

メール24時間受付

日祝祭日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
お急ぎの方は、080-4335-2667へお電話ください。

コメントは受け付けていません。