真進法務総合事務所からのご案内
相続登記の必要書類

こんにちは。横浜市金沢区の司法書士・行政書士の伊丹真也です。

当事務所では、相続手続きを専門としていますが、そのなかでも相続登記のご依頼を多く頂いております。そこで、一般的な相続登記の必要書類をご説明したいと思います。

法定相続の割合で登記するとき

亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本

亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本や除籍謄本、改製原戸籍などを収集します。
ずっと同じ本籍地であれば同じ役所ですべて取得できますが、転籍などをしている場合、それぞれの役所に請求します。
通常は5通ぐらいで揃いますが、多い方だと10通になるときもあります。

相続人の方の戸籍謄本

次に相続人になる方の戸籍謄本(現在戸籍)を揃えます。相続人になる方の本籍地の役所にて取得します。
これは1通あれば足りますので、相続人にてそれぞれ取得します。

亡くなった方の住民票の除票または戸籍の附票

亡くなった方の住民票の除票(本籍地が記載されているもの)または戸籍の附票も必要です。
これは、登記簿上の所有者と亡くなった方が同一人物であることの証明として使用します。
ただ、多くの役所の保管期間が亡くなってから5年なので、取得できない場合もあります。取得できない場合は、下にある【上申書】を準備します。

相続人の住民票または戸籍の附票

登記簿に相続人の現住所を記載するため、相続人の住民票または戸籍の附票を取得します。

不動産の評価証明書

神奈川県内の不動産の相続登記をする場合、不動産の評価証明書を提出します。なお、不動産の管轄によっては別の書類でもOKなときがあるので、管轄の法務局にお尋ねください。

遺産分割協議をして相続登記をするとき

法定相続の割合で登記する場合の書類

遺産分割協議にて相続登記をする場合も、法定相続の割合で登記する場合と同じ、戸籍謄本や住民票などの書類を用意します。

遺産分割協議書

法定相続と異なる割合で相続登記をする場合、遺産分割協議書が必要になります。遺産分割協議書には、相続人がそれぞれ署名し実印を押します。

相続人全員の印鑑証明書

遺産分割協議書に押印した印鑑の印鑑証明書を相続人全員分取得します。なお、この印鑑証明書は期限はありません。

亡くなった方の住民票の除票や戸籍の附票が取得できないとき

上申書

亡くなった方の住民票の除票や戸籍の附票が取得できない場合、それに代わる書類として上申書を用意します。

登記済権利証

もしお手元に相続登記をする不動産の権利証があれば、相続登記を申請するときに提出します。

不在籍、不在住証明書

あまり聞き慣れない書類ですが、不動産の登記簿上の所有者の住所・氏名を記載した、不在籍・不在住証明書を取得します。

取得できない書類があるときは、まずご相談ください

住民票の除票や戸籍の附票が取得できないときの相続登記は、かなり複雑で大変な手続きになります。
まずは司法書士にご相談ください。相続人の皆様に代わり、必要な書類を取得・準備いたします。

初回相談60分無料・出張相談も対応
真進事務所外観画像
真進事務所打ち合わせ室画像

真進法務総合事務所は京浜急行線金沢文庫駅や金沢区役所、横浜地方法務局金沢出張所から徒歩5分にある事務所です。代表は地元金沢区出身の司法書士・行政書士です。

「初めての相続でよくかわからない」「どれくらい費用がかかるかの不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、当事務所の無料相談をぜひご利用ください。

「相談してよかった!」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談やお問い合わせは必ず司法書士本人が対応しますので安心してご連絡ください。

まずはお気軽にお問い合わせください
ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
ご予約は、045-349-3957またはお問い合わせフォームからお願いします。
お問い合わせには、原則その日のうちにご連絡いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事