自筆証書遺言の保管制度について

自筆証書遺言の保管制度について

こんにちは。横浜市金沢区の司法書士の伊丹真也です。

いつも当事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。

令和2年の7月10日から、自筆証書遺言の保管制度が始まりました。
(詳しくは、下記のページをご覧ください)

すでに当事務所でも3件保管の申請書の作成のお手伝いと、自筆証書遺言の作成のお手伝いをしました。

そこで気になるところが、法務省の制度のページの相続人の手続きで、実際に保管された自筆証書遺言を使って手続きをしようとした際に、相続人全員の戸籍謄本や住民票を提出することになるのですが、そのとき相続人が海外に住んでいて、住所がまったくわからない事例がありました。

保管を申請した方が、法務局の職員さんに実際に遺言書を使うときはどうすればいいのか聞いたところ、まだわからないとの回答でした。

まだ始まったばかりの制度なので、徐々に事例が作られていき、色々なパターンに対応できると思いますが、残された相続人の方に迷惑をかける可能性があるので、遺言者の方と打ち合わせをし、公正証書遺言を残す方法に切り替えました。

早く様々な事例が蓄積され、対応できるようになってほしいです。

初回相談60分無料・出張相談も可能です
真進事務所外観画像
真進事務所打ち合わせ室画像

真進法務総合事務所は京浜急行線金沢文庫駅や金沢区役所、横浜地方法務局金沢出張所から徒歩5分にある事務所です。代表は金沢区出身の司法書士・行政書士です。

「初めての相続でよくかわからない」「どれくらい費用がかかるかの不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、当事務所の無料相談をぜひご利用ください。まずはみなさまのお悩みをお聞きし、解決に導きます。

「相談してよかった!」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談、お問い合わせには代表の伊丹真也が必ず対応しますのでご安心ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから
ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
ご予約は、045-349-3957またはお問い合わせフォームからお願いします。
お問い合わせには、原則その日のうちにご連絡いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事