抵当権の抹消登記

抵当権の抹消登記

抵当権の抹消登記

住宅ローンや、その他の金銭借入れの際に設定した抵当権(根抵当権)を抹消するための登記です。

真進法務総合事務所では、地元横浜市金沢区で新規開業して以来、地域の皆さま方から多数のご依頼をいただき、不動産登記についての豊富な経験と実績を有しています。不動産登記手続きのことなら、真進法務総合事務所へお気軽にお問い合わせください。

抵当権の抹消登記とは?

抵当権の登記は、住宅ローンを借りたときや事業融資を受けたときに、所有する不動産を担保に差し入れる際、金融機関の権利(抵当権や根抵当権)を不動産に登記したものです。以下は、住宅ローンの抵当権を例にご説明します。

住宅ローンを完済すると、借入先の金融機関などから抵当権抹消登記の必要書類一式が交付されます。登記申請書などを作成したうえで、法務局(登記所)で抵当権の抹消登記を行います。

抵当権の登記は、住宅ローンを完済しても、登記簿から自動的には消えません抵当権の抹消登記を行わなければ、ずっと登記簿に残ります

抵当権の抹消登記をしないことのデメリットは?

住宅ローンを完済すれば、抵当権抹消登記をするかどうかに関係なく、抵当権は自動的に消滅します。

しかし、実体上は抵当権が消滅していても、抵当権抹消登記をしなければ登記簿謄本にある「抵当権設定」の記載は消えません。したがって、第三者から見れば不動産にはいつまでも抵当権が付いているままです。

このような状態では、住宅の建て替えにともない新たに融資を受けたり、売却したりすることはできません。気がついたときに急いで抵当権抹消登記をしようと思っても、住宅ローンの完済から時間が経ってしまっていると必要な書類が手に入らず、多大な費用と手間がかかる恐れもあります。

住宅ローンを完済したなら、すみやかに抵当権抹消登記をしましょう。

抵当権の抹消登記に期限はある?

住宅ローンを完済すれば、抵当権抹消登記をするかどうかに関係なく抵当権は消滅します。抵当権抹消登記をするのは、抵当権が消滅したことを登記簿謄本に記載してもらうためです。

抵当権抹消登記をするのは義務ではありませんので、いつまでに抵当権抹消登記をしなければならないとの期限はありません

しかし、期限がないからといって抵当権の抹消登記をしないでいて、書類を紛失してしまったら、ご自身で抵当権抹消登記手続を行うことは著しく困難になりますし、司法書士に頼んだとしても通常よりも高額な費用がかかることにもなりかねません。

抵当権の抹消登記に必要な書類

  • 金融機関から受け取った書類一式
  • 所有者の認印
  • 運転免許証など、ご本人確認ができるもの

抵当権の抹消登記は真進法務総合事務所におまかせください

司法書士は、不動産登記の専門家です。抵当権の抹消登記のお手続きはおまかせください。まずはご相談予約・お問い合わせください。お見積もりはいつでも無料で承っています。

無料相談受付中! お気軽にお問い合わせください
  • ご相談は代表の伊丹真也がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。当日のご予約も可能です。
  • ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
  • ご予約は、お電話(045-349-3957)またはお問い合わせフォームからお願いします。お問い合わせには、原則、その日のうちにご連絡いたします。