最新情報
抵当権の抹消登記の事例

事例

ある日、お客様のお手元に住宅ローンを借りていた銀行から書類が届きました。

開封すると、たくさんの書類と一緒に「抵当権の抹消登記について」という紙があります。
ご自分で登記をする場合や、司法書士に依頼する場合などさまざまなことが記載されていました。

登記なんかよくわからないし、平日は仕事で法務局に行く暇もない。ということで当事務所にご相談いただきました。

解決方法

抵当権の抹消登記は、司法書士にとってよくある登記手続きです。銀行から届いた書類一式を持参していただき、当事務所が作成した登記の委任状に署名捺印をもらい法務局に登記を申請しました。約1週間ほどで登記は完了し、無事抵当権の抹消登記は完了しました。
お客様にやっていただくことは、「書類をもっていく」、「委任状に署名捺印する」、「費用のお支払い」だけです。銀行から書類が届いたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

無料相談受付中! お気軽にお問い合わせください
  • ご相談は代表の伊丹真也がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。当日のご予約も可能です。
  • ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
  • ご予約は、お電話(045-349-3957)またはお問い合わせフォームからお願いします。お問い合わせには、原則、その日のうちにご連絡いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事