相続税がかかるケースの相続手続き

相続税がかかるケースの相続手続き

事例

被相続人は夫のAさん、相続人は妻のBさんとAさんの弟のCさんの二人です。
Aさんの相続財産は自宅である不動産、預貯金と生命保険です。

相続財産はざっくり計算しても1億円を超えており、相続税の申告が必要でした。
そこで、提携している税理士さんに連絡をし、連携して相続手続きを進めることとなりました。

弊所のサポート内容

依頼者である妻Bさんより委任状をいただき、最初に戸籍謄本を取得し、相続人の調査からスタートします。
戸籍謄本がそろい、相続人が確定したら、預貯金のある銀行に残高証明書と、既経過利息計算書を請求しました。

請求している間に、不動産の資料として登記簿謄本や公図などの準備をします。
銀行から届いた残高証明書や、不動産の資料をご紹介した税理士事務所に渡し、相続税の計算をしてもらいました。

相続財産を計算していただいた後、遺産分割協議のために準備をすすめます。
今回は法定相続分での相続でしたが、自宅の不動産があるため預貯金にて金額を調整し、分割することとなりました。

相続税の申告後

まずは銀行の預貯金の解約をはじめます。それぞれの銀行に出向き、戸籍や必要な手続き依頼書を提出します。
解約し口座のお金が振り込まれるまで約1~2週間ほどかかりました。振り込まれた解約金をすべて一旦一つの口座にまとめて、すべての口座が解約されてから、Cさんに遺産分割協議書記載のとおりの金額を振り込みました。

その後、不動産の名義変更をすすめ、すべての相続手続きが完了となります。

相続税の申告は期限があるため、早めに手続きを進めないといけません。当事務所では提携の税理士の先生がいますので、スムーズに連携し手続きをすることが可能です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回相談60分無料・出張相談も可能です
真進事務所外観画像
真進事務所打ち合わせ室画像

真進法務総合事務所は京浜急行線金沢文庫駅や金沢区役所、横浜地方法務局金沢出張所から徒歩5分にある事務所です。代表は金沢区出身の司法書士・行政書士です。

「初めての相続でよくかわからない」「どれくらい費用がかかるかの不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、当事務所の無料相談をぜひご利用ください。まずはみなさまのお悩みをお聞きし、解決に導きます。

「相談してよかった!」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談、お問い合わせには代表の伊丹真也が必ず対応しますのでご安心ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから
ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
ご予約は、045-349-3957またはお問い合わせフォームからお願いします。
お問い合わせには、原則その日のうちにご連絡いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事