遺言書について

遺言書について

遺言書について

ここでは遺言について詳しくご説明します。相続の生前対策として、最も手軽にすることができるのが遺言書の作成です。
「相続」が「争族」にならないために、「遺言」について、しっかりと知っておきましょう。

遺言の種類

相続人が遺産を巡り「争族」となることを防止するためには、遺言の作成が効果的です。
遺言には、「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」の3種類があります。
遺言の目的によって、自分にあっているものを選びましょう。

自筆証書遺言の書き方

遺言は民法で定められた形式で作成しないと無効になる可能性がありますので、正しい書き方で遺言を作成しましょう。

遺言を残すメリット・デメリット

遺言を書くかどうか悩んでいる方は多くいらっしゃいます。こちらでは、遺言書を残すことのメリット・デメリットをご説明します。

遺言の執行・保管について

作成した遺言をどのように保管すればいいのでしょうか。
相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現されていくのかをご説明します。

無料相談受付中! お気軽にお問い合わせください
  • ご相談は代表の伊丹真也がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。当日のご予約も可能です。
  • ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
  • ご予約は、お電話(045-349-3957)またはお問い合わせフォームからお願いします。お問い合わせには、原則、その日のうちにご連絡いたします。