遺言書の種類

遺言書の種類

遺言書の種類

遺言書にはいくつか種類がありますが、よく利用される遺言として、自ら自署して書き残す自筆証書遺言と、公証役場で公的な書面として作成する公正証書遺言の2つがあります。

遺言書の作成には法律で決められたルールが多くあります。書き方が違うだけで無効となるケースもありますので、遺言書を作成するときは、専門家へご相談することをおすすめします。

自筆証書遺言

一番簡単に作成できる遺言です。全文を自筆で書くことによって作成される遺言です。ただし、一点でも法律のルールを間違えてしまうと、その遺言は無効になる可能性があります

また、誰にも知られずに書くことができる反面、書いた本人が亡くなった後、遺言があることを誰にも知られずに手続きが進んでいってしまうケースもあります。その場合、遺言に違反した手続きを全て一からやり直す必要があります。

メリット

  • いつでも紙・ペン・印鑑があれば作成できる
  • 費用がかからない
  • 遺言書の存在・内容を秘密にできる

デメリット

  • 紛失や偽造、遺言書自体を隠されてしまうおそれがある
  • 遺言書により相続手続きをするには、家庭裁判所の検認の手続きが必要になる
  • 遺言書の記載事項、記載方法などの不備があると遺言書が無効になるおそれがある

公正証書遺言

公証人役場で、証人2名以上の前で、公証人が読み上げた遺言に署名捺印することによって、作成される遺言です。遺言作成にあたって、司法書士、更に公証人の関与もあるため法律的に無効な遺言になることはありませんまた、裁判所による検認という手続きを省略することが出来るため、その後の手続きを非常にスムーズに行うことができます。

自筆証書遺言のデメリットをカバーするのが公正証書遺言です。当事務所では確実・安心を考え公正証書遺言の作成をおすすめします。

メリット

  • 公証人も遺言内容を確認するため、方式に不備により無効になることがない
  • 遺言書により相続手続きをするために、家庭裁判所の検認の手続きが不要
  • 公証役場に原本が保管されているので、紛失・焼失しても再発行できる
  • 文字が書けない場合でも意思疎通できれば作成できる

デメリット

  • 公証人の手数料や、司法書士への報酬などが必要になる
  • 証人が2人必要になる

どちらの遺言を作成すべきか

自筆証書遺言は気軽に作成することができますが、記載の不備など遺言が無効になったり、紛失のおそれもあります。公正証書遺言は作成時に費用や手間がかかりますが、司法書士や公証人の関与により、安心・確実な遺言書を残すことができます

真進法務総合事務所では公正証書遺言の作成をおすすめしています。
遺言書を作成するときには、数多くの遺言書作成の遺言書お手伝いをしてきました真進法務総合事務所へ、まずはお気軽にご相談ください。

無料相談受付中! お気軽にお問い合わせください
  • ご相談は代表の伊丹真也がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。当日のご予約も可能です。
  • ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
  • ご予約は、お電話(045-349-3957)またはお問い合わせフォームからお願いします。お問い合わせには、原則、その日のうちにご連絡いたします。