相続対策

相続対策あれこれ

ここでは、相続対策について、少しですがご説明します。

暦年贈与と連年贈与

財産を生前に、将来相続人となる人に贈与しておくことによって、相続対策になります。

詳しくは、暦年贈与と連年贈与をご覧ください。

相続時精算課税制度とは

相続時精算課税では、65歳以上の親から20歳以上の子どもへの贈与であれば、2,500万円までは贈与税がかかりません。
これは、若い世代により財産を移しやすくしようという目的で、平成15年に新しく作られた制度です。

詳しくは、相続時精算課税制度とはをご覧ください。

夫婦間の生前贈与

結婚してから20年以上の夫婦で、自宅または自宅の購入資金としての贈与の場合には、最高2,000万円が非課税になります。暦年課税制度の非課税枠110万円と併せると2,110万円が非課税です。

詳しくは、夫婦間の生前贈与をご覧ください。

生命保険の活用

相続税の軽減だけではなく、円滑な遺産分割にも生命保険は使えます。 主なメリットは次のとおりです。
1.相続人には『500万円×法定相続人の数』の非課税枠がある
2.相続後すぐに現金が手に入る
3.故人の遺産ではなく受取人の財産である

詳しくは、生命保険の活用をご覧ください。

電話相談初回無料

メール24時間受付

日祝祭日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
お急ぎの方は、080-4335-2667へお電話ください。

コメントは受け付けていません。