相続の基礎知識

相続の基礎知識

人が亡くなれば、必ず発生するのが相続であり、避けては通れないものです。
相続は複雑な手続きが多く、その対応を誤りますと、場合によっては大きく損をしてしまう場合がございます。

ここでは相続の基礎知識をご説明いたします。

相続が発生したら

人が亡くなれば、必ず「相続」が発生します。
相続には複雑な手続きが多く、間違った手続きをすること、あるいは適正な手続きをしないことで、場合によっては大きく損をしてしまう場合がございます。
複雑で困難な手続きは是非とも専門家へお任せ下さい。

詳しくは相続発生後の手続きの流れをご覧下さい。

法定相続と相続分

被相続人が生前に遺言をしていなかった場合、民法では、誰が相続人となるのか(法定相続人)と、各相続人が受け継ぐ財産の割合(法定相続分)についても規定しています。

詳しくは、法定相続と相続分をご覧ください。

相続財産の種類

遺産や相続財産とは、亡くなった方が残した「権利と義務」のことをいいます。

詳しくは、相続財産の種類をご覧ください。

電話相談初回無料

メール24時間受付

日祝祭日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
お急ぎの方は、080-4335-2667へお電話ください。

コメントは受け付けていません。