相続放棄の申立て

相続放棄の申立て

相続放棄について

家庭裁判所で相続放棄の手続きをすれば、亡くなった方の借金は一切払う必要がなくなります

「故人に借金はないけれど、相続にはかかわりたくない…」という場合にも、相続放棄をすることにより、かかわりを断つことができます。

相続放棄には3か月という期限があり、速やかに書類を提出して手続きする必要がありますので、専門家のサポートを受けるのが安心・確実です。

こんなお悩みはありませんか?

  • 亡くなった方に多額の借金があるかもしれない
  • 交流のない親族との相続争いに関わりたくない
  • 親戚が亡くなったあと税金や借金の督促状が届いた
  • そもそも相続放棄をしたほうがいいのかわからない

相続放棄ってなに?

相続が発生すると、不動産や預貯金などのプラスの財産を相続するのに加え、借金や滞納している税金などのマイナスの財産も相続することになります。亡くなった人がマイナスの財産を多く残した場合、相続すれば負担を引き継いでしまうため、相続したくない人が多いと思います。

相続放棄をするには、相続開始を知ったときからか3か月以内に、家庭裁判所で相続放棄の申述の手続きを行う必要があります

相続放棄すれば、最初から相続人でなかった扱いになり、プラスの財産もマイナスの財産も一切引き継がないため、亡くなった人の借金を負担する必要もなくなります。

既に3か月過ぎている場合は?

相続放棄は、「自分のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に」相続放棄申述書を家庭裁判所に提出しなければなりません。

この3ヶ月の期限を過ぎてしまった場合、原則として相続放棄は認められません。

しかし、知らないうちに遠い親族が亡くなっていて突然借金の督促が来たなどの個別の事情があれば、3ヶ月を過ぎても例外的に相続放棄が認められる場合があります。3ヶ月を過ぎてしまっていても、一人で決めつけずに、司法書士へご相談ください。

相続放棄についてのよくあるご質問

遺産分割協議で放棄したから借金は相続しない?
遺産分割協議で借金を相続人の1人が相続すると決めても、それは債権者には通用しません。
借金を一切相続しないようにするには、相続放棄の手続が必要です。
相続放棄しても、生命保険金や遺族年金は受け取れますか?
相続放棄をしても、遺族年金を受け取ることはできます。遺族年金は、遺族がその固有の権利にもとづいて受給するもので、亡くなった人の財産ではないからです。
生命保険金については、契約上の受取人が相続人の場合だったら受け取れます。
相続放棄をした後で撤回することはできますか?
一度、相続放棄の申立てをした場合は、基本的には後から撤回することはできません。ただし、騙されて、または脅されて相続放棄してしまった場合は、撤回することができます。
無料相談受付中! お気軽にお問い合わせください
  • ご相談は代表の伊丹真也がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。当日のご予約も可能です。
  • ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
  • ご予約は、お電話(045-349-3957)またはお問い合わせフォームからお願いします。お問い合わせには、原則、その日のうちにご連絡いたします。