相続手続きおまかせパック

相続手続きおまかせパックとは?

遺産は、それぞれ名義変更や解約手続きなどをしなければなりません。不動産であれば法務局、預貯金であれば銀行、株式であれば証券会社で行います。これらの手続きの前提として戸籍収集(相続人調査)、遺言の有無の調査、財産を調査して財産目録を作成、遺産の分け方を決めた遺産分割協議書の作成などをしなければなりません。

そこで、相続人皆様と司法書士が遺産整理業務の委任契約を締結させていただき、司法書士が相続人様の窓口として、煩雑な手続きを全て一括でお引き受けするサービスです。
相続人調査(戸籍収集)や遺産分割協議書の作成、預金口座や不動産の名義変更など、 あらゆる相続手続きをまとめて代行いたします。

書類を集める、作成する、それぞれの手続きの届け出をする、全部司法書士におまかせいただけますまずはお気軽にご相談ください。

面倒な相続手続きでお困りではありませんか?

  • 相続手続きをすべて専門家に任せたい
  • 不動産や預貯金など、相続財産が多岐にわたる
  • 忙しくて相続手続きをしている暇がない
  • 知らない相続人がいて、手続きが面倒
  • 初めての相続手続きに悩まされている

司法書士におまかせするメリット

相続手続き代行のサービスは、司法書士や行政書士、税理士さらには銀行でも行われています。だれに頼めばいいのか、多くてよくわからないのが現状です。
司法書士であれば相続税の申告以外の手続きが可能です。銀行や行政書士は、不動産名義変更(相続登記)は別の事務所へ依頼する必要がでてきますので、相続手続きをご依頼されるときは、かならず事前に確認をしてください。あとから追加で費用が積み重なっていくことがありますので注意が必要です。

司法書士 行政書士 銀行など

不動産の名義変更はできるが、相続税申告はできません。

戸籍の収集や、預貯金の解約は可能です。

不動産の名義変更、相続税申告はできません。

戸籍の収集や、預貯金の解約は可能です。

自社の預貯金の解約以外は、他の専門家に別途依頼。

戸籍の収集も他の専門家が行います。

30万円~

※相続税の申告は、別途費用が必要

30万〜

※不動産名義変更、相続税申告は別途費用が必要

108万円~

※不動産の名義変更、相続税の申告はは別途費用が必要

相続の手続きはなにをするの?

相続おまかせパックで具体的に含まれる手続きを説明します。以下の手続きは全て司法書士が窓口となります。
全ての相続手続きをするのはとても面倒ですし時間もかかります。また、一定の法律知識も必要ですので、こういった面倒な手続きを当事務所が窓口となり行うサービスが相続おまかせパックです。

1.戸籍の収集(相続人調査)

相続手続きの前提として相続人が誰であるかを調べなければなりません。
その為、被相続人に関しては出生時に発行されていた戸籍から死亡時に発行されていた全ての戸籍が必要になります。まず相続人が確定しないと遺産分割協議ができません。

2.相続財産調査

不動産の詳細がわからなければ、役所で名寄帳を確認するなどしなければなりません。預貯金については残高証明書を取得しなければならず、金融機関に出向く必要もあります。

3.遺産分割協議のサポート、遺産分割協議書の作成

相続人全員で遺産の分配方法を話し合い、決まった内容を遺産分割協議書にしなければなりません。
遺産分割協議書では相続財産や相続人が特定できるよう記載しなければならず、記載が不十分であれば名義変更の手続きができないことがあります。

4.不動産の名義変更(相続登記)

法務局で被相続人から相続人への不動産の名義変更(相続登記)をします。

5.自動車の名義変更

陸運局で被相続人から相続人への自動車の名義変更をします。

6.預貯金の解約

金融機関で預貯金の解約をします。

7.株式など有価証券の名義変更

証券会社で株式など有価証券の名義変更をします。

8.相続不動産の処分

相続した不動産に誰も住まなかったり、相続税の納税資金としたい場合などで不動産を売却して現金での相続を希望する場合は、司法書士が代理人となって売却手続きのサポートもします。

9.遺産の分配

全ての遺産について、遺産分割協議の内容に従って相続人の皆さまへ司法書士が責任を持って遺産を分配します。

10.相続税の申告

相続税の基礎控除額以上の遺産があり相続税の申告が必要な場合は税務署で相続税の申告をします。
なお、相続税の申告は提携の税理士に依頼をします。

11.その他遺産の承継に関するサポート

相続手続きがすべておわったあとも、何かあればサポートいたします。

相続手続きおまかせパックの流れ

まずは、当事務所までご相談ください。
お客様のご希望をヒアリングし、必要なお手続きをご案内します。

1.無料相談

相続人の皆様から遺産の概要や相続人の状況、遺言の有無などをお伺いした上、遺産整理の基本方針を固めさせていただきます。

2.遺産整理業務委任契約書の締結

「遺産整理業務」の契約のお申し込みをいただき、その後、相続人の皆様と真進法務総合事務所との間で遺産整理業務に関する委任契約を結びます。

3.戸籍関係書類の取得・相続関係説明図の作成

被相続人(亡くなった方)の戸籍・除籍謄本等を収集し、最終的な相続人の人数を確定いたします。
また、亡くなった方(被相続人)と相続人の関係性を説明する必要書類(法務局へ提出するための書類)として「相続関係説明図」を作成いたします。

4.相続財産調査・財産目録の作成

相続人の皆様にご協力いただき、遺産の内容を確認いたします。
ご相続人等関係者の方からご提示いただきました資料を手掛かりに、財産や債務について明細を調査の上、「財産目録」を作成いたします。

5.遺産分割協議のサポート、遺産分割協議書の作成

遺産の全容が確定した段階で、相続人の皆様で遺産の分割協議を行っていきます。弊事務所では、第三者の立場で遺産分割協議のアドバイスを行います。
また、相続人全員の合意内容を基に、「遺産分割協議書」として、話し合いの結果を文書にいたします。

6.各種名義変更手続き(不動産の名義変更、預貯金の解約など)

遺産分割協議書に基づき、不動産、預貯金、株式などの財産について、名義変更や換金処分(売却・解約・外貨両替等による現金化)を行います。
その上で、遺産の引き渡し等を行います。

7.相続税の申告(相続税の申告が必要な場合は税理士をご紹介)

遺産の額が一定額を超えると、各相続人に相続した割合に応じて相続税が発生いたします。
相続税が発生した場合、相続税の専門家である税理士をご紹介いたします。

8.遺産整理業務完了の報告

相続財産のすべての分割、名義変更などが完了した段階で、お手続きについての完了報告書を作成し、相続人の代表の方にご報告申しあげて、本業務は終了いたします。

無料相談受付中! お気軽にご相談ください

無料相談受付バナー画像


メール相談リンクバナー

  • 横浜市金沢区の真進法務総合事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。
  • ご相談は代表司法書士の伊丹真也がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。
  • ご相談予約は、お電話(045-349-3957)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、翌日午前中までにメールでお返事いたします。