預貯金の解約・名義変更

預貯金の解約・名義変更

預貯金の解約・名義変更

被相続人が死亡したことが金融機関に伝わると、預貯金の口座が凍結されます。凍結されると、解約などの手続きが終了するまで預貯金をおろすことや、引き落としや振り込みなども一切できなくなります。銀行預金の引き出しをするには、遺産分割協議書や遺言書などにより、誰がその預金を引き継ぐのかを決める必要があります。

口座が凍結される前に引き出す事が出来たとしても、後で相続人に間でトラブルになるケースもありますので、相続開始後の預貯金の取り扱いには注意が必要です。

当事務所では、亡くなった方の金融機関の預貯金について、口座の解約・名義変更の手続きをサポートしております。

こんなお悩みありませんか?

  • 平日は仕事のため銀行や役所へ行く時間がない
  • 交流のない相続人がいるので代わりに連絡してほしい
  • 相続や法律の知識がないので手続きを自分でやって間違うのが怖い
  • 連絡の取れない親族がいる
  • 戸籍の取得からすべて依頼したい
  • 家族が亡くなったばかりで煩雑な手続をする精神的余裕がない

預貯金の解約・名義変更の手続きをすべて代行します

真進法務総合事務所では、預貯金の解約・名義変更に必要な手続きをすべてサポートしますのでお気軽にご相談下さい。

1.戸籍の取得代行

預貯金の解約をするには、亡くなった人の「死亡時から出生時まで遡る全ての戸籍」を集めなければなりません。当事務所では、面倒な戸籍等証明書の収集をお手伝いさせていただきます。

2.遺産分割協議書の作成

相続開始後には、相続人の間で相続財産をどのように分配するかを話し合う遺産分割協議をおこないますが、その協議で決定したことを証明する遺産分割協議書を作成する必要があります。
真進法務総合事務所では、遺産分割協議書の作成からアドバイスまで迅速かつ的確にサポートいたします。

3.預貯金の解約の書類の収集

預貯金の解約には、銀行所定の書類が必要になります。当事務所では、相続人に代わり各銀行所定の書類を集めます。

4.預貯金の解約・名義変更の実行

実際に金融機関に出向き、ご希望どおりに分配の手続きをします

預貯金の解約・名義変更はおまかせください

預貯金の解約・名義変更の手続きは、戸籍謄本の収集からはじまりかなり大変です。
当事務所では、すべての手続きを代行いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

費用について

お手続きに関する費用については、こちらをご覧ください。

無料相談受付中! お気軽にお問い合わせください
  • ご相談は代表の伊丹真也がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。当日のご予約も可能です。
  • ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
  • ご予約は、お電話(045-349-3957)またはお問い合わせフォームからお願いします。お問い合わせには、原則、その日のうちにご連絡いたします。