法定相続と相続分

法定相続と相続分

相続とは?

相続とは、亡くなった人の財産や様々な権利・義務を家族が引き継ぐことをいいます。
亡くなった人を「被相続人」、遺産を引き継ぐ人を「相続人」といいます。
そして、被相続人から相続人に引き継がれる財産のことを「相続財産(遺産)」といいます。

現在の法律では、遺言書がないと配偶者・子・親・兄弟姉妹などが相続人となります。
また、相続財産ですが、土地・建物などの不動産、自動車、現金、預貯金、有価証券などの「プラスの財産」だけなく、借金、負債、保証債務・保証人の地位、さらには損害賠償責任などの「マイナスの財産」も相続されます。

どのように財産をわけるか

相続が発生し、亡くなった人の遺言書がない場合、法律で定められた相続分に従う「法定相続」か、あるいは相続人全員で話し合って遺産の分け方を決める「遺産分割」により、相続の手続を選択することになります。

法定相続の順位や割合は、次の表のように決まっています。

順位 法定相続人 割合
子と配偶者 子=1/2
配偶者=1/2
直系尊属と配偶者 直系尊属=1/3
配偶者=2/3
兄弟姉妹と配偶者 兄弟姉妹=1/4
配偶者=3/4
  • 配偶者は常に相続人となります。
  • 直系尊属(父母・祖父母)は、子がいない場合の相続人となります。
  • 兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人となります。
無料相談受付中! お気軽にお問い合わせください
  • ご相談は代表の伊丹真也がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。当日のご予約も可能です。
  • ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
  • ご予約は、お電話(045-349-3957)またはお問い合わせフォームからお願いします。お問い合わせには、原則、その日のうちにご連絡いたします。