相続財産の種類

相続財産の種類

相続財産の種類

遺産や相続財産とは、亡くなった方が残した「権利と義務」のことをいいます。
遺産には、不動産や金融資産といったプラスの財産だけでなく、マイナスの財産も含まれます。

1.プラスの財産

  • 不動産(土地・建物)
  • 宅地・居宅・農地・店舗・貸地など

  • 不動産上の権利
  • 借地権・地上権・定期借地権など

  • 金融資産
  • 現金・預貯金・有価証券・小切手・株式・国債・社債・債権・貸付金・売掛金・手形債権など

  • 動産
  • 車・家財・骨董品・宝石・貴金属など

  • その他
  • 株式・ゴルフ会員権・著作権・特許権

2.マイナスの財産

  • 借金
  • 借入金・買掛金・手形債務・振出小切手など

  • 公租公課
  • 未払の所得税・住民税・固定資産税

  • 保証債務
  • その他
  • 未払費用・未払利息・未払の医療費・預かり敷金など

3.遺産に該当しないもの

  • 財産分与請求権
  • 生活保護受給権
  • 身元保証債務
  • 扶養請求権
  • 受取人指定のある生命保険金
  • 墓地、霊廟、仏壇・仏具、神具など祭祀に関するもの

相続財産の調査方法

なにが相続財産となるのかがわかったあとは、どこを確認すればわかるのか探し方を確認します。

自宅などを探す

亡くなったひとの自宅を中心に手がかりになりそうなものを探しましょう。金庫や引き出し、仏壇や棚など大事なものを保管していそうな場所を探します。
貸金庫がある場合は、そこに権利証等の大切な書類がある可能性が高いです。ただし、貸金庫を相続人が確認する場合は戸籍謄本等の書類の提出が求められます。貸金庫の契約先の金融機関の確認を取りましょう。

調査の手がかりとなるもの

  • 不動産:権利証、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)、売買契約書など
  • 預貯金:通帳、カード、金融機関の粗品など
  • 株式等の有価証券:株券、金融機関・証券会社からの郵便物など
  • 負債:借用書、請求書など

登記簿謄本などを確認する

遺産の中から権利証などがみつかったら登記簿謄本を取得してみましょう。登記簿謄本では不動産の現在の名義人が分かりますし、名寄帳では故人名義で課税されている不動産の一覧を見ることが出来ます。

無料相談受付中! お気軽にお問い合わせください
  • ご相談は代表の伊丹真也がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。当日のご予約も可能です。
  • ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
  • ご予約は、お電話(045-349-3957)またはお問い合わせフォームからお願いします。お問い合わせには、原則、その日のうちにご連絡いたします。