遺言を残すメリット・デメリット

遺言を残すメリット・デメリット

遺言は残すべきなのか

遺言を書くかどうか悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
また、遺言を残すべきなのかどうかのご質問も多くいただきます。専門的な立場から申しますと、遺言は絶対に残した方が良いです。

遺言を書き残すことのメリットはたくさんあります。
ただ、「遺言がないこと」のデメリットの方が多いためでもあります。

遺言を残すメリット

1.相続人同士がモメる可能性が減る

遺言書を残すことで、相続手続きで相続人同士がモメることは確実に減ります。
相続が発生すると、相続人全員の意見を一致させて手続きを進めなければいけません。一つ一つの財産をどう分配していくかを決めるのは非常に大変です。遺言書で相続人の誰に、何をどの割合で相続させるか決めることで遺産分割協議も不要になります。

2.自分の好きなかたちで財産を残すことができる

遺言書を残せば、何を誰にどの割合で相続させるか決められるで相続人全員で話し合う必要がなくなります。
また、長男の妻や孫、内縁の妻は相続人ではないですが、遺言書に記載しておけば財産をあげることができます。

3.相続の手続きが楽になる

遺言がない場合は、遺産の調査をしなければいけませんが、遺言書がある場合は、そこに大体の財産は書いてあるので、遺産調査の負担がかなり減ります。

また、遺産の振り分けにしても、遺言書で遺言執行者を定めて、執行者がすべての手続を行うものとしておけば、相続人の手をわずらわせることもありません。

遺言を残さないデメリット

1.相続人への財産の分配方法が決まっていないため、相続人の私利私欲が入り交じり、紛争の可能性が高くなる

2.作成する書類などが増え、相続の手続きが難しくなる

3.内縁者や孫など、本来は相続人でない人への財産の分配ができない

4.相続人の中に未成年者や判断能力の不十分な者、または行方不明者がいると、手続に時間と費用がかかる

 

以上のようなことが考えられます。そもそも相続の手続きができなくなったり、また手間や費用が余分にかかったりとデメリットのほうが大きいです。

まとめ

簡単に見比べてみても、遺言書があるのとないのとでは大きく違うことが分かるかと思います。 遺言書は書くメリットが多く、かつ書かないことのデメリットが多いのです。
遺言書はその都度変更や撤回もできるので、相続人たちが自分の死後もお互いに笑顔で暮らしていけるように、遺言書は残すことをおすすめします。

費用について

費用について、すべて手続き開始前にお見積もりいたします。詳しくは費用とお問合せをご覧ください


電話相談初回無料


メール24時間受付

日祝祭日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
お急ぎの方は、080-4335-2667へお電話ください。

コメントは受け付けていません。