お客様解決事例
相続登記を何十年も放置していた事例

被相続人の方が今から50年近く前に亡くなっており、土地の相続を放置していたケース

状況

不動産の所有者が今から50年近く前に亡くなっており、土地の相続を放置していたケースがありました。

解決までの流れ

この場合、依頼者の方の祖父名義の不動産が放置されていたため、相続人を確定し、遺産分割協議書を作成していく必要がありました。

50年近く放置されていた場合、数次相続が発生している場合が多く、相続人が多数になる可能性が高くなります。

このケースでは戸籍を取得して相続人を確定させた結果、15名の相続人がいました。

中には連絡が取れない相続人もいたため、住所を調査し、手紙を送り連絡を取ることにしました。

司法書士に依頼した結果

手紙を送った数日後、連絡が取れました。

相続人が10人以上いますと、遺産分割協議書への署名押印が難しくなることが多いですが、相続人15名の取り分が多くなかったことから依頼者への名義変更に同意していただき、相続人全員から署名押印を頂くことが出来ました。

無事相続手続きが完了しましたが、期間は5か月近くかかりました。

相続登記を放置しますと手続きが面倒になりますので、放置せずにまずは専門家にご相談下さい。

初回相談60分無料・出張相談も対応
真進事務所外観画像
真進事務所打ち合わせ室画像

真進法務総合事務所は京浜急行線金沢文庫駅や金沢区役所、横浜地方法務局金沢出張所から徒歩5分にある事務所です。代表は地元金沢区出身の司法書士・行政書士です。

「初めての相続でよくかわからない」「どれくらい費用がかかるかの不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、当事務所の無料相談をぜひご利用ください。

「相談してよかった!」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談やお問い合わせは必ず司法書士本人が対応しますので安心してご連絡ください。

まずはお気軽にお問い合わせください
ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
ご予約は、045-349-3957またはお問い合わせフォームからお願いします。
お問い合わせには、原則その日のうちにご連絡いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事