相続法改正のポイント⑥ ~遺言書の保管制度~

横浜市金沢区の司法書士・行政書士の伊丹真也です。

本日は、以前のブログでご紹介した「40年ぶりの相続法改正!司法書士が教える相続法改正のポイント①」の中から、「遺言書の保管制度」について、ご説明します。

遺言書の保管制度とは

遺言書の保管制度とは、自筆証書遺言(自分で書いた遺言書)を、法務局に保管してもらう制度です。
遺言書の保管制度を利用することにより、家庭裁判所による検認手続きが不要となります。

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言は、遺言者が遺言書の全文、日付及び氏名を自書し、押印することによって成立する遺言です。

自筆証書遺言は手軽に作成でき、また費用もかかりません。しかし、自筆証書遺言にはデメリットもあります。

自筆証書遺言のデメリット

様式の不備により、遺言書自体が無効になる

自筆証書遺言を作成するには、様々なルールがあります。そのルールを一つでも破ってしまうと、遺言書すべてが無効になるおそれがあります。

偽造や変造、破棄される可能性がある

自筆証書遺言は自分で保管する遺言のため、相続人にとって良くないことが書かれていた場合、その相続人によって偽造や変造、または破棄される可能性があります。

裁判所による検認手続が必要

遺言書を使って不動産の名義変更や預貯金の解約をする前に、裁判所に遺言書の検認をしてもらう必要があります。

そもそも発見されないことも

自筆証書遺言を書いたのはいいけど、どこにしまってあるかわからず、結局書いていないものと同じ扱いになることもあります。

遺言書保管制度の利用方法

遺言書の保管制度は、次のように申請することにより、利用することができます。
まだ一部の情報が発表されていないので、概要とはなってしまいますがご了承ください。

遺言書保管制度の申請先

申請する先は、次の法務局です。

  1. 遺言者の住所地の管轄する法務局
  2. 遺言者の本籍地の管轄する法務局
  3. 遺言者が所有する不動産の所在地の管轄の法務局

遺言書の保管申請と本人確認

遺言者は、遺言書を作成し、その遺言書を法務局へ保管を申請します。申請する際に、法務局が申請人の本人確認をします。

なお、申請は遺言者本人のみとなっており、遺言者の親族などは代理人として申請はできません。

遺言書保管制度により、デメリットを回避できる

自筆証書遺言は様々なデメリットがありますが、保管制度を利用することによりそのデメリットを回避できる可能性もあります。

様式の不備について

保管制度を申請するときに、法務局により、「日付及び氏名の自書」、「押印」、「訂正の方式」のチェックが行われます。

チェックを受けることにより、様式の不備による無効は避けられます。

偽造、変造や破棄

遺言書の原本を法務局が保管するので、偽造や変造、破棄などのリスクは回避できます。
このリスクは保管制度を利用することにより、安心できます。

裁判所の検認手続が不要になる

保管制度を利用することにより、裁判所の検認手続は不要になります。これは大きなメリットになります。

保管制度でも、回避できないデメリット

遺言書の内容の不備

例えば、遺言書に記載のある不動産に一部抜けや記載ミスがある場合、遺言書を使って名義変更をしようとしたときに、法務局から手続きができない、と言われる可能性があります。

そもそも見つけられない

保管制度を申請しても、親族には通知は行きません。申請した本人のみが知ることになります。
ただ、保管制度を利用していることを身近な方に伝えておけば、このデメリットは回避できます。

さいごに

遺言書の保管制度は、自筆証書遺言のデメリット・リスクを一部カバーしてくれる制度です。ただ、内容についての不備等は自分で作成した遺言書の場合、見つけることは難しいかもしれません。

司法書士に遺言書作成のサポートをおまかせください。ご希望にそった遺言書作成のお手伝いをさせていただきます。遺言書作成のサポートについては、下記をご覧ください。

初回相談60分無料・出張相談も可能です
真進事務所外観画像
真進事務所打ち合わせ室画像

真進法務総合事務所は京浜急行線金沢文庫駅や金沢区役所、横浜地方法務局金沢出張所から徒歩5分にある事務所です。代表は金沢区出身の司法書士・行政書士です。

「初めての相続でよくかわからない」「どれくらい費用がかかるかの不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、当事務所の無料相談をぜひご利用ください。まずはみなさまのお悩みをお聞きし、解決に導きます。

「相談してよかった!」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談、お問い合わせには代表の伊丹真也が必ず対応しますのでご安心ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから
ご予約いただければ、平日夜間・土日祝日も対応しております。
ご予約は、045-349-3957またはお問い合わせフォームからお願いします。
お問い合わせには、原則その日のうちにご連絡いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事