株式会社設立登記

株式会社の設立

株式会社設立は司法書士へおまかせください

司法書士は、会社法および商業登記の法律専門家です。

会社として新しく事業を始めようと考える場合、会社の設立登記が必要になります。会社の設立登記をすることによって、あなたの思い描く会社がこの世に誕生します。

会社登記だけでなく企業経営に関する様々な法律問題について、気軽に相談できる司法書士がいることは、経営者様にとってきっと大きな力になります。身近な街の法律家である、司法書士へぜひご相談ください。

会社設立を司法書士に頼むメリット

1.株式会社設立費用の実費が節約できます

司法書士に株式会社設立の手続を依頼すれば、公証役場での定款認証、法務局での登記申請など全ての手続をお任せいただけます。また、定款の電子認証を行うことで、会社設立手続にかかる実費(収入印紙代4万円)を節約できます

株式会社設立登記手続の司法書士報酬は8万6,400円をいただいております(最低価格の場合)。しかし、司法書士に依頼することで実費の4万円を節約できるので、実質的には5万円弱の追加負担により、商業登記および会社法の専門家である司法書士に、安心して会社設立手続を任せることができるのです。

項目 ご自分で手続きする場合 司法書士に依頼する場合 差額
定款認証 約90,000円 約50,000円 約-40,000円
登録免許税 150,000円 150,000円 0円
合計 約240,000円 約200,000円 約-40,000円

定款原本を紙で作成した場合、収入印紙40,000円が必要です。当事務所では定款を電子データとして作成するので収入印紙が不要となります。

2.会社設立の手続きをトータルに任せられる

面倒な会社設立手続きを税理士や司法書士、行政書士に代行してもらえるサービスがあります。
このうち、会社設立手続きで必須となる設立登記申請を代理できるのは司法書士のみになります。
他の専門家に依頼した場合には、登記申請だけ別途司法書士に依頼するか、自分で登記申請手続きをしなければなりません。司法書士であれば設立時の手続きをトータルに任せることができますから、会社設立は司法書士に代行してもらうのがいちばんおすすめです。

3.スピーディーに会社設立ができる

自分で会社設立の手続きをすれば、予想外に時間がかかってしまい、予定よりも会社設立が遅れてしまうことも考えられます。
もし会社設立が遅れれば、業務にも支障が出てしまう可能性があります。司法書士は手続きに慣れた専門家ですから、スピーディーに会社設立ができます。
急いでいる場合にも対応いたしますので、予定どおりに会社設立が完了し、本業に支障が出ることもなくなります。

4.時間を無駄にせず本業に集中できる

会社を作るときというのは、やらなければならないことが山ほどありますから、設立手続きばかりに時間をかけているわけにはいかないのが普通です。
会社設立を司法書士に依頼すれば、面倒な書類作成を自分でやる必要がなくなるだけでなく、公証役場や法務局へも代わりに行ってもらえます。会社設立時の貴重な時間を無駄にすることなく、本来の業務に集中することができます。

費用について

費用について、すべて手続き開始前にお見積もりいたします。詳しくは費用とお問合せをご覧ください


電話相談初回無料


メール24時間受付

日祝祭日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
お急ぎの方は、080-4335-2667へお電話ください。

コメントは受け付けていません。